GALLERY

2017年の開催模様

 
​福島相双オールファッションチャレンジ

2018/10/28(SUN)

​南相馬市民文化会館ゆめはっと

  • ツイッター - ホワイト丸
  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle

デザイン画の応募から

ファッションショーまでの流れ

​デザイン画を応募

デザイン画はA4(30㎝×21㎝)

サイズの用紙を使用。

着色したレディース服の

デザイン画。

 

裏面へ応募票を貼り付け。

郵送もしくは持ち込みで

提出してください。

縫製工場が実際に製作

入選したデザイン画から
担当する南東北の縫製工場が
現物を製作します。

入選者は担当工場と

素材や色などイメージの

打ち合わせを行います。

担当する縫製工場は

応募者の住所からなるべく

近い地域を考慮いたします。

打ち合わせの日程なども

ご相談します。

ファッションショー

ランウェー付きの

大舞台でファッションショー

モデルの手配も可能ですが

デザイン画応募者自らが

モデルをしてもOK

最優秀賞(1名)1万円

部門賞(2名)5千円

 

特別賞

(デザイン画入選者全員)

製作した衣装を進呈

 

FUKUSHIMA SOU*2

ALL ​FASHION CHALLENGE 

 
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
 

南東北の縫製工場が集結

一般の方にはなじみが薄いですが東北地方には、アパレル業界を支える優秀な縫製工場が数多く点在しています。

南東北ファッショングループはそんな東北地方の中から、福島・宮城・山形を中心とした縫製工場の仲間が集まり、もっとこの地域から服づくりの魅力を発信して行こうと2016年に結成しました。

その活動の一環として福島相双オールファッションチャレンジというファッションコンテスト、ミシンの体験コーナー、服飾系専門学校のファッションショーなど盛りだくさんのファッションフェスティバルを開催しています。

そして、服づくりが盛んなこの地域からはオリジナルブランドやファクトリーブランドが立ち上がり全国に向けた取り組みも始まっており

“専門学校を卒業するけどもっと縫製のスキルを学びたい”

“趣味のハンドメイド服を本格的なものにしたい”

といった想いを持って都心から移住して就職する方も増えています。

就職を希望する方には縫製工場の見学ツアーも行っていますので、

お気軽にご連絡ください。

※見学ツアーは福島県南相馬市と相馬市の縫製工場になります。

南東北ファッショングループ

(株)ファッションシバ
(株)テンキャット
(有)ファッションリナ
(株)ソホー岩代
(有)トミックス

​お問合せ

〒979-2333 

福島県南相馬市鹿島区寺内字本屋敷1-1

株式会社 福装21 鹿島 内

福島相双オールファッションチャレンジ

実行委員会 事務局  担当 土田 


Tel: 0244-46-4111

​主催:南東北ファッショングループ

携帯の方は @topaz.plala.or.jp からのメールを受信できるように設定をお願い致します。
 

メッセージを送信しました